緑豆(りょくとう)

緑豆とは、小豆の仲間で実は
4-6mmほどの大きさ
小豆と違い、その名のとおり
緑色をしたお豆です。

一般的には“緑豆もやし”や“緑豆春雨”
の原料として知られます。

中国料理やインド料理では頻繁に使われ、
中国では夏は緑豆粥・冬は小豆粥として
好んで食べられます。
この他、餡にしてスイーツとして食べたり
もち米や玄米と一緒に炊いて「緑豆ご飯」
にして食べたりします。

(内容量:500g)
[原材料名]緑豆
【保存方法】直射日光・高温多湿をさけて
保存してください
※豆なので「冷蔵」保存すると日持ちし易いです
[原産国名]北海道
販売価格 450円(内税)
購入数


Calendar

2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
◆水曜定休日
但し、水曜日が祝日の場合は
「営業」→翌木曜または火曜に振替
GWやお盆の場合は水曜が平日でも
営業する場合がございます。
※状況により予告なく変更する時も
ございます。
------
◎まん延防止等解除されていますが
時短営業中
→[平日]10:30-18:00
→[土日祝]10:30-19:00となります。
※状況により変更する場合あり ------

About the owner

シュウ

《眞材實料:しんざいじつりょう/どれも本物》をモットーに、 中華料理が“おうち”でも簡単に作れる楽しさをお伝えできるよう 自分達でも使ってみて、商品の特徴や使いやすさを学びながら 皆様の“欲しい物がきっと見つかる!”のお役立てに努めています。 祖父が創業し父が築きあげ、横浜中華街の発展と共に歩み 七十年以上もご家庭で中華料理を楽しむシェフから、 中華街内外のレストランのシェフ、お料理研究家など 多くの方々から長年ご愛顧いただき、現在の「源豊行・本店」が あるのだと日々感じております。 横浜中華街へ一歩入ると、異国情緒あふれる街並みに ワクワク目を輝かせ楽しむお客様が訪れ、 常に活気と賑わいが当たり前の光景が “コロナ禍”によって失われて悲しく寂しいです。 今は“密”を避け、一人一人の健康と安全が大切なので こちらのホームページ(オンライン)をご活用いただき 横浜中華街、源豊行・本店から 皆様が求める中華食材、中華調味料などをお届けいたします。

Top